Wednesday(ウエンズデイ)は静岡県静岡市にある骨董品&アンティークショップ。レトロで楽しい雰囲気に包まれ、見ているだけでも心癒されるお店です。

Wednesday
TOPページ お店紹介 新商品 商品紹介 雑誌掲載 ブログ メール
新しく仲間入りした商品たちをご紹介します

<<前    1  | 2 | 3    次>>




2011.5.2 UP!!


古布 縮緬(ちりめん)のグリーン各種


昔の絹の着物のはぎれ、古布の縮緬は、いろいろ新入荷しました。

中でもグリーン系はお細工もの製作のとき、葉っぱや、
雛人形の衣装に、欠かせない貴重な色と思います。


⇒ブログにも掲載中!









2011.5.2 UP!!


古布 縮緬(ちりめん)その2


地の色がグリーン系の他にも、グリーンの葉が目立つ縮緬も数多くあり、
日本の意匠は、ぼかしが美しいです。


⇒ブログにも掲載中!









2011.5.2 UP!!


ビンテージボタン新入荷、かわいいクローバー


クローバーの葉をデザインした、1960年代後半ぐらいのボタン。
中間色で優しい色合いです。

1個から販売致しますが、古いものですので、
沢山あるように見えて、数に限りがあります。

ボタンの直径は、3種類です。中、小、かなり小さいの。
厚みもあるので、服のボタン穴の長さ=ボタン直径ではありません。


⇒ブログにも掲載中!









2011.5.2 UP!!


1950年代 昭和初期の薄紫色コップ


柏(かしわ)の葉っぱが、大胆に大きく彫られて・・・。
コップ、お皿等の食器だけではなく、襖(ふすま)等、
インテリアの様々なところに、葉っぱ柄が見受けられた時代のもの。
 この時代の、くすんだ渋い紫ガラス。


⇒ブログにも掲載中!







2011.5.2 UP!!


上のと同じ時代(1950年代)のグラス


おしゃれな斜め模様。


⇒ブログにも掲載中!





2011.5.2 UP!!


戦前(1945年以前)のピンクの水差し


優しい色合い・・・、飴色がかったピンク。
眠る前に、枕元に置いたりもしたようです。


⇒ブログにも掲載中!





2011.5.2 UP!!


60年〜80年位前の、氷コップ(かき氷)等


上の段のステムだけ見えているのは、
明治のリキュールグラス(葡萄酒杯)。
アンティークの和ガラスにはぬくもりがあります。


⇒ブログにも掲載中!





2011.5.2 UP!!


これはおまけですが・・・80年代バブル期の、
海外ビール会社のビアグラス(ルーマニア製クリスタル)


半額コーナーにあって、良質お値打ち品の、お買い得!


⇒ブログにも掲載中!





2011.5.2 UP!!


アンティークレース、ヴィンテージ、レトロなレース(その1)


ヨーロッパで購入した、アンティークレースいろいろ。
レトロな1970年代レース、ギャザーでフリルになったラベンダー色のや、
たまねぎ草木染め鉄ばい染ギャザーレースなど。

3枚目は1960年頃のレース服地を貼った壁と
100年前の版画にアンティークレースを額装したものです。


⇒ブログにも掲載中!









2011.5.2 UP!!


アンティークレース、ヴィンテージ、レトロなレース(その2)


1枚目の写真は、
ベルギーの、1970年代お土産のハンドメイドレース。
2枚目の写真は、
アンティークはぎれレース(右3枚)と、ヴィンテージのウェディングドレスはぎれ(左端)。


⇒ブログにも掲載中!







2011.5.2 UP!!


味のある総桐の小引き出し・・良い造り


現代なら書類入れに相当する、5段小引き出し、贅沢な、総桐製です。
内側は23.9×28.8cmで、外側は 幅26.9×奥行き31.0×高さ27.0cm。

金具素材は、細い真鍮製で黒漆、形は、わらび手で、
可愛いお花が2個ずつ付いています!さりげない細かな職人芸・・・!

紙が取り出しやすいように、引き出し横に工夫がされています。
とても軽〜いです!緻密に作られていて、隙間はありません。
鉄釘(クギ)も使っていません。竹で作った細く長い楔(クサビ)を打ちこみ沈めて、
表面に桐をかぶせて、竹の楔がみえないように化粧されています。
丁寧なつくりです。


⇒ブログにも掲載中!







2011.5.2 UP!!


足のこぶがかわいすぎる・・・100年以上前の文机!


1880年代〜1890年代、100年以上前、明治時代の文机。
脚のコブコブ・・・かわいすぎ!しっかりした一枚板で作られています。

幅62cm×奥行41cm×高さ30cm。コンパクトサイズです。

見ていて安心感あります。バランスいいです・・・(*^^)v


⇒ブログにも掲載中!







2011.5.2 UP!!


「足太人形」


 大正時代から昭和初期に流行った布製人形で、
ポーズをとったフランス人形があります。
「ポーズ人形」といわれるのは、日常着の装いで、足は細く、
戦後の1950年代ぐらい(昭和30年代)に作られました。
 ポーズ人形のなかで、  とてもとても、足が太い、人形があるんです!
それは、1920年代(大正〜昭和初期)から1940年代末(昭和20年代)までに、
おおむね作られました。「足太人形」といいます!



⇒ブログにも掲載中!







2011.5.2 UP!!


フランスの120年前のファッション新聞(週刊タブロイド版)


1885年、1890年、1895年にフランスで発行された、
週刊のタブロイド版ファッション新聞です。16ページあります。
この115年から125年前のアールヌーヴォー誌は、
ウェンズディに現在4種あります。


⇒ブログにも掲載中!







2011.5.2 UP!!


レトロな木箱・・・右から表記のキリンビール木製BOX


キリンビールの焼印のある、平らで大きな木製のBOXです。
カタカナが右側からの表記になっている、大昔の箱です。


⇒ブログにも掲載中!





2010.4.11 UP!!


サクラ柄の昔の和食器・・・盃、小皿、古伊万里豆皿


江戸末期から明治初期の1860年代から1890年代ぐらいの、
印判染付のサクラの小さな豆皿。
梅、芍薬、菊は多いけれど、桜の古伊万里は、めったに手に入りません。
サクラの季節用に仕舞って置いた1枚です。

(¥1260)


明治から大正の1890年代から1920年代の、吹墨の小皿。
まるでアールデコみたいな、大胆なデザインのサクラ。
若草色が効いてますネ!
上の印判染付のより大きい。
たくさんあったけれど、もうこれ一枚だけになってしまいました・・・。
美品。
上のと、これの、左側が黄色くなってるのは、撮影ムラです。

(¥1050)


出征記念のサクラ柄の盃2種。
ブルーの盃は高台周りにサクラ花弁 ホツあり(埃ぐらいのキズ)¥1000
グリーンの盃 直し(米粒の1/3の補修あり)¥500 
両方とも、完品でなくて、ごめんなさい。



⇒ブログにも掲載中!









2010.4.11 UP!!


雛道具(昔のおひなさまのミニチュア家具) バラ売り


現代のおひなさまのお道具は、プラスチックでできていますが、
昭和20〜30年代までは、木製で漆塗りでした。
衣装たんす、鏡台、針箱などは手の平サイズです。
お茶道具、火鉢、牛車、お籠・・・わりと精巧な作りです。
引き出しの小さな金具をつまんで開けるとき、
チョットわくわくします。木で出来ていると嬉しい。

(アンティークの木製 各¥1000です)


⇒ブログにも掲載中!





2010.4.11 UP!!


サッカーボール型吹きガラス製むかし醤油瓶・・優勝


ガラス製の、ちいちゃな四角や、丸い醤油瓶は、
丸いちゃぶ台(脚がたためる昔のテーブル)が、
食卓だった時代の必需品。
新しくったって、50年前は昔のこと。

でもこれは、珍品!サッカーボール型してる!
この当時、サッカーが話題になった時期って・・・?
ガラスの蓋には、周到にも、
優勝の、優と、ローリエ(月桂樹)の型が。
サッカー優勝記念?祈願?
ところどころ気泡がある、すごく古い作りのガラスです!



⇒ブログにも掲載中!







2010.4.11 UP!!


サクラの裏印・・・オールドノリタケ陶器のバックスタンプ


1945年以前(第2次世界大戦終戦の前)までに製作された、
日本陶器会社製=ノリタケ製の陶器を、
オールドノリタケと称します。
その裏印(バックスタンプ)はいろいろ、もう無数にあります。
その印で製作年代がわかります。
これは、サクラ印JAPANで、
1924年(大正13年)当時アメリカ輸出向けの、
オールドノリタケです。現在86歳ですネ。
  この陶器はクッキープレートと呼ばれ、アメリカに輸出されました。
里帰り品ということになります。
大きさは、直径26〜22.5cmで高さ3cm。
湖畔に白鳥と、シラカバの木々の、手描きです。
保存状態の良い美品です。

このクッキープレートをご覧になりたい方は、
お店ウェンズディには置いてませんので、事前に、
HPからメールで、お気軽にどうぞ。



⇒ブログにも掲載中!









2010.4.11 UP!!


サクラビスク・・・眠り人形・スリーピングドール


1920年代〜1950年代(大正から昭和初期)に
おもに北米(アメリカ・カナダ)に輸出された
日本製ビスクドールです。
西洋のドレス、ボンネット帽ですが、
黒いおかっぱ髪で瞳が濡れたように黒いのが特徴です。

陶器の脚は座りやすいように、
ガニまた座り(あかちゃん座り)に曲がっています。
  横たえて寝かすと目をとじるので、眠り人形といわれました。
サクラビスクというのは、外国での呼称です。
眠り人形という、機能を呼称にするよりは、
サクラビスクというほうが、イメージです。
小さくて(25cmくらい)はかない感じです。
西洋人形のように主張してる表情がなくって、やさしい。



⇒ブログにも掲載中!








△このページの先頭に戻る   
<<前    1  | 2 | 3    次>>

Copyright (C) 2013 Wednesday All Rights Reserved.